敬遠される 匂いが人にもたらす影響

消しゴムはんこ > 健康 > 敬遠される 匂いが人にもたらす影響

敬遠される 匂いが人にもたらす影響

「人のイメージを左右する一番の要因が香りになります。脳の仕組みから判断しても、嗅覚は生物的な本能を引き起こしやすいと言っていいでしょう」

汗が出るシーズンには、香りも強くなる。女房やお子さんというご家族に、たった一度「くさい」と感じられれば、そのイメージは確立され、本能を引き起こしてしまう


仕事をするケースで、「臭い」ということはすごく危険だと、ある大学教授は言う。

「心理学的には、人のイメージを左右する一番の要因が香りになります。キャラクターや外見上はその次。いくら仕事ができて、人間性が良かったとしても、くさかったら、単にその事実だけで敬遠されてしまいがちです」

人間はただの一度でも「臭い人」と認識すると、その人を目にするたびに脳がオートマチックに「臭い」という記憶を呼び起こすことになってしまう。すなわち、「臭い」というイメージを1度与えてしまうと、ず~っと臭い人間だと思い込まれ、嫌われ続けてしまうことになってしまうのだ。

「その理由としていわれているのが、嗅覚の情報を処理する第1次嗅覚野があるスポットになります。脳の中で、記憶を管理する海馬が隣り合わせになっていることから、香りは記憶にかなり奥まで働きかける感覚だと考えられている。アルツハイマー病にかわってしまうと、第一に香りの感覚や記憶からなくなってゆくことも確認されています。脳の仕組みから判断しても、記憶と嗅覚の関係性の強さには合点が行くところもいっぱいあります」


ボディセンス 販売店


そもそも、人間はどういうふうに脳の中で香りを察知しているのだろうか。そのプロセスを聞いた。

「香りは、香り成分の分子が空気中を飛んできて、鼻の粘膜にあるレセプターでキャッチされることになります。それから、におい成分の分子とレセプターの連鎖反応が起き、脳にシグナルが届けられて『素敵な香りがする』『臭い』等と感じて、ジャッジするようにできているのです。それから、ジャッジメントと同時に大脳辺縁系の扁桃体というエリアに情報が送られ、気持ちとは関係なしに感情が働きます。これによって、嗅覚は生物的な本能に見舞われやすいと言われているわけです」

それから、匂いに対して、人間が一瞬で本能的に判断を下すように構成されている理由はこれ以外にあります。

「とりわけ、人間は、認識していない匂いに対して『危険だ』と感じるようにでき上がっているのです。おまけに、嗅覚にはある程度まで近くにならなければ感知できない、といった特徴がある。視覚や聴覚は『遠受容性感覚』と言われ、対象物が離れているエリアにあっても感付いたり、感知したりすることが可能です。それに対し、味覚や触覚は『近受容性感覚』と言われていて、リアルに対象物にタッチしないと、それがどうなっているのか判断できません。嗅覚はその間にある感覚。すなわち、匂いを嗅いでから安全か危険かを決定していると、敵の危険に巻き込まれてしまうことになるのです。そういうわけで、認識していない香りや今までと違う匂いが来ると、脳の中で記憶等の情報を処理してジャッジするプロセスを通り越して、理屈抜きで無意識に逃げ出さないといけないといった嫌な気分にさせるわけです」

「1つの例として、汗のにおいがして見回したときに、ハンカチで汗をふいている中年男性がいると、本当はその人の匂いでなくても『あ、あの人が臭いんだ』といつの間にかイメージしてしまうことがあります。匂いの出所は、嗅いだだけでは判りづらいものだからなのです。そういうわけで、好印象を与えようとしたときに、匂いだけをよくしようとするよりも、一緒に外見上もよくした方が、効き目は大幅にアップします」

人の外見と匂いにまつわるこのようなテスト結果も出ています。

「ティーンエイジャーは新陳代謝が早く、汗もいっぱいかき、お肌に常に存在する常在菌もいっぱいなので、汗と菌がまざってすごくくさくなってしまいます。けれども、テストをすると、ティーンエージャーは中年男性と比較すると否定的なイメージを持たれにくい。これと言うのは100パーセント心理学的なもの。試みとしてアイマスクをして匂いを嗅がせると、ティーンエージャーは臭いということです。すなわち、『臭い』は目に入ったイメージで決定するということを示します」

男の人が最も意識しておきたいのが、加齢臭やミドル脂臭である。男性の体臭に対しては、加齢臭というキーワードが使われ気味です。けれども、加齢臭とは、50代以降にたくさん出てくる2‐ノネナールといった化学物質が原因の匂いなのです。30才代、40代の匂いは、加齢臭じゃないミドル脂臭であるのだ。

「ミドル脂臭は、チーズの腐り切った匂いや、ビールが酸化した匂い等の成分が何点か、セットになっていて、どんな人が嗅いでもうっとうしい匂いなんです。その反対に、加齢臭は枯れ草や畳のような匂いが特色で、それ自身は断じて気分が悪くなる匂いじゃありません。2‐ノネナールを大学生に嗅がせると『素敵な匂い』と言う人と『臭い』と言う人にふたつに分かれます。『素敵な匂い』と言う人は、おじいちゃんとおばあちゃんと関係が密な人がほとんどです」



関連記事

  1. 敬遠される 匂いが人にもたらす影響
  2. 目の下のクマをきれいにするためにも
  3. シャンプーによる原因